新toriたま日記

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/ 本家はToriToriワールド(http://toritoriworld.tobiiro.jp/)

本屋の恐怖・・・!!

P1100938.jpg

今日は、久しぶりに高校時代の友人と会うことになっていたので

待ち合わせ時刻まで、集合場所付近の本屋で時間をつぶすことに・・・。

実は、少し前にビオトープ管理士の資格を取ることを薦められ、

1回生~2回生の比較的時間があるうちに勉強してみようと本気で

考えるようになっていたので思い切ってテキストを購入することに。

ビオトープ管理士の試験を受けるためには、公式テキスト以外に

かなりいろいろな本を読まなくてはいけないようですが、幸い大学には

購入希望をすれば学校が本を買ってくれるという素晴らしい制度があるので

それに頼って勉強することができそうなのです。

しかし、よく使う(読む)本は線を引いたり書き込んだりしたいので、

必要なものは購入・・・!!(専門書はやはり高いので涙ながら・・・)

P1100941.jpg

なかなかお財布にイタイ価格だったので、この辺で立ち去ろうとしていたら・・・・

「まるごと日本生き物」という本が目に入り、ついつい手に取ってしまいました。

可愛い表紙もさることながら、中身も植物、昆虫、魚類、鳥類、哺乳類など

多くの動物をカバーしている本です。

これは、「生物分類技能検定(詳細はshinoさんのサイトをご覧ください)」

を受けるときに役立ちそう・・・!!と思い、購入を決意。

*最近、昆虫や魚類について勉強するうちに、自分にはまだまだ知識が足りない・・・!

と悔しい思いをすることが多かったのですが「生物分類技能検定」の勉強をするのは

ビオトープ管理士の勉強をしていく上でも非常にプラスになると思ったので、

ついでに挑戦することを考え中。

そしてレジに歩いていく途中に、たまたま画集コーナーの隅をみたら

「野鳥フィールドスケッチ」を発見してしまいました・・・。

1巻は持っているのですが、まさか続編が発売されていたとは・・・・

というわけで、思いがけずたくさんの本を買ってしまいました。

これだけ濃度の高い本が揃って嬉しいのですが、やはり本屋に行くと

思いがけない出費をしてしまいますね・・・(汗)