新toriたま日記

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/ 本家はToriToriワールド(http://toritoriworld.tobiiro.jp/)

重信川中流探鳥会 2012年1月

DSCN1939.jpg

9:00~重信川中流探鳥会に参加してきました。

お天気は快晴!

最近、非常に寒い日が続いていましたが、

今日は風もなく、暖かい陽気です。

今回は、都市環境学習センターの方が取材に来られており、

どんな鳥が見られるのか、ますます期待がかかります。

DSCN1916.jpg

いつもは中流には10人程度しか参加者が集まらないのですが、

なんと今日は次から次へと参加者が現れ、23名といつになく賑やかなスタート。

しかも初参加の方が7名もいらっしゃり、嬉しい限りです。

でもこんなに人数がいるのに、スコープは2台しかない…。

DSCN1921.jpg

歩き始めると、重信川中流を代表する鳥であるイカルチドリが現れ、

続いてハマシギも登場。

岩と同化しているハマシギを、皆さんひしめき合って必死で探しています。

DSCN1922s_20120129202252.jpg

(米粒程度にハマシギが写っています。さて、どこでしょう…?)

続いてオジロトウネンも見られ、その小さくて可愛らしい姿に一同興奮。

講師の方が図鑑を広げながらオジロトウネンやその他のシギチについて

解説して下さいました。

DSCN1935.jpg

しばらくシギチを探して、観察を楽しんでいると

講師の方が、遠くの木に止まっているハイタカ(雌)を発見し、

背中しか見えませんでしたが、じっくりと観察。

近くにもう一羽雌がいました。

その後対岸で、チョウゲンボウノスリも出て来てきました!

さらに、オオタカらしき姿も…!

今日は本当にいいタカ日和です。

DSCN1934.jpg

その後、ウグイス(5羽)、ホオジロジョウビタキビンズイも姿を表し、

次から次へとどんどん鳥が…という印象を受けました。

取材が入るということもあって、鳥達もサービスしてくれたのでしょうか…!?

お天気もよく、参加者も多く、鳥もたくさん出て(しかもタカ類が5種も…)

非常に充実した探鳥会となりました。

時間:9:20~12:30

参加者:23名

観察された鳥:31種

     カワウ5 ダイサギ5 アオサギ3 トビ2 オオタカ

     ハイタカ2 ノスリ1 チョウゲンボウ1 イカルチドリ

     オジロトウネン1 ハマシギ2 クサシギ1 キジバト5+

     ヒバリ5 ハクセキレイ10+ セグロセキレイ3 ビンズイ

     タヒバリ5 ヒヨドリ8 モズ3 ジョウビタキ1 ツグミ5 

     ウグイス6 メジロ1 ホオジロ7 アオジ5+ カワラヒワ4 

     スズメ30+ ムクドリ20+ ハシボソガラス5+ ハシブトガラス

     (ドバト30+) 

***************

次回:重信川中流探鳥会

日時:3月31日(土)

時間:9:00~14:00

場所:松山市/伊予郡松前町 重信川中川原橋付近

集合場所:重信川中川原橋南詰下流側広場

備考:雨天中止、駐車スペース有り

   バスは松山方面からは北伊予駅前行きで

   中川原橋詰下車

***************