新toriたま日記

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/ 本家はToriToriワールド(http://toritoriworld.tobiiro.jp/)

es-BANK試料整理 鳥類整理FINAL

DSCN2424.jpg

楽しかったバンクの試料整理鳥類編にとうとう終わりがやってきました…。

キャリーは354番まであるのですが、

最後のほうになると、カワウかカラスばっかり。。。

DSCN2416.jpg

でも、時々動物病院から来た鳥達の入っているキャリーがあり、

それを楽しみに頑張りました。

最後は「これが見納め…!」と思い、じっくり観察。

シロハラトラツグミアオバトなどなど。

DSCN2407s.jpg

でも、動物病院から送られてきた鳥のラベルには時々過ちが…。

「あ、ヤブサメだー」

と思って手に取ったのですが、あれ…なんかすごく違和感が…。

どう見ても、ヤブサメって顔じゃない…。

同じ動物病院から来た鳥の中にメボソムシクイが2体あったので、

誤同定かなーと思い、ちゃんとラベルを書き直してあげました。

でも…後で鳥専門の方に見てもらったら

この鳥はヤブサメでもメボソムシクイでもなく

センダイムシクイだということが判明。

「メボソにはないけど、これは頭央線があるねー」と解説していただき

すごく勉強になりました。

確かに、よく見たら頭央線がはっきりと見える…!!

DSCN2420s.jpg

これが幻の「チョウゲンボン」です!(笑)

ラベルをチェックしていて、思わず笑ってしまいました。

鳥専門じゃない人が書いたら、こんなこともあるんですね。

DSCN2431s.jpg

(↑次から始まる鯨類はこんなのばかり…)

というわけで、名残惜しくも無事に鳥類の試料整理が終了しました。

この2週間毎日いろいろな鳥に出会い、

めったにない経験ができてとても楽しかったです。

明日からは「鯨類」に突入します。

(でも、こちらは脂肪とか臓器ばっかりなんですよね…。)

バンクの方からは

「鳥が終わった途端に不登校になるんじゃないか…」と心配されているようですが

頑張って3月末まで勤め上げようと思います。