新toriたま日記

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/ 本家はToriToriワールド(http://toritoriworld.tobiiro.jp/)

オオタカ来ました

DSCN6479s.jpg

昨日の夕方「硝子にぶつかって死亡したオオタカが来た!」

という連絡を受けたのですが、

授業中だったのですぐには行けず、

今朝大急ぎでBANKに見に行ってきました。

DSCN6466s.jpg

全長約57cm、雌。

城山付近の東雲学園内で死体が見つかったので、

城山探鳥会に生息していたオオタカではないかとのことです。

探鳥会で時々声を聞いていたので、残念でなりません…。

DSCN6499s.jpg

以前持ち込まれたハイタカと比べ、オオタカはやはり大きいです。

至近距離でオオタカを観察し、胸筋や大腿筋が発達していることをしっかり実感。

DSCN6523s.jpg

お腹側を観察していると、胸の上あたりに蠅1匹のがいるのを発見。

しかし、これはただの蠅ではなく、寄生バエだから貴重な試料になる…と言われ

その後一生懸命オオタカの羽をめくりながら蠅探しをしました。

危うくただの蠅かと思って捨てるところだった…。

DSCN6554s.jpg

結果、3匹の寄生蠅を発見。

寄生バエはなかなか手に入らないので貴重なものらしく、

これから何の蠅か同定するそうです。

ハイタカの時と同じく、スケッチをすることは叶いませんでしたが

また1つ、貴重な経験をさせていただくことができました。

今回オオタカは試料として冷凍庫に入れられるのではなく、

剥製として博物館に展示されるみたいです。