新toriたま日記

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/ 本家はToriToriワールド(http://toritoriworld.tobiiro.jp/)

今だから言える話

P1290172-s.jpg

shinoさんとの生活もあと8日となりました。

数字にしてみると、短いような長いような期間ですね。

でも、荷造りとか新居に入れる道具一式を買いに一緒にショッピングに

行っていると、あと8日っていうのは短いな~とふと思ったりします。

今まで、受験とかで毎日夜遅くまで学校に入り浸っていたので、

(学校を家かと思うぐらい住みこんでました)こうして毎日顔を合わせて

いることがなんだか不思議に感じます。

そして、ずーっと顔を合わせているからケンカしたりするんですよね・・・。

大学進学に関しては、九州大学まで鳥の先生を追いかけて行ったのに、

「鳥はね・・・」と面接で言われて夢叶わず、

shinoさんには本当に心配をかけてしまいました。

でも、地元の大学へ進学することが決まってから、

地元でお世話になったたくさんの人がすごく喜んでくれて、驚きました。

この時初めて、遠い異県の地(笑)で鳥を追いかけるよりも、

地元で鳥を追いかけ、人と人の縁を大切に生きていく方が、幸せな生き方じゃないのかなと思えました。

なので、shinoさん、私は大丈夫ですよ。

PICT1514-s.jpg

時々、「鳥に出会ってなかったら何してると思う?」と聞かれることがあるのですが、

もし鳥に出会ってなくても、きっと自然を愛していただろうし、

理系に行かなかったら、文学とか美術とか語学、心理学・・・など

とにかく好奇心旺盛なので、どこへでも進んでいたような気がします。

そんなわけで、大学ではやりたい放題やろうと思います~。

22日は後期試験の発表でした。

思うように行った人も、そうでない人も、それぞれの「新生活」が始まりますね。

受験という日々を乗り越えて、いろんなことを考えますが、

やっぱり一番大切なのは、たくさんの人に支えられていたことに感謝する

ということだと思います。あと、人との縁も。

なんだか、感慨深い文章になってしまいましたが・・・

shinoさん、あと8日、仲良くよろしくお願いします。

P.S. 苺の花言葉は「尊敬と愛」「幸福な家庭」だそうです。