新toriたま日記

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/ 本家はToriToriワールド(http://toritoriworld.tobiiro.jp/)

es-BANK試料整理 鯨類編

DSCN2696.jpg

es-BANK作業整理・鯨類編は、ひたすら袋に入った臓器をチェックしていきます。

私は帰省のため2日間作業整理をお休みしていました。

(鳥類が終わった途端に偶然バイトが休みになったので、

る皆さんからは「計算高いっ!」と責められました…)

そして、水曜日に結構作業進んでるかな~と思いつつ出勤すると…

…みなさんの顔が死んでました。

DSCN2496.jpg

鯨類の臓器が入っている袋は、破れていたり汚れていたりするものが沢山あったため

一つ一つ袋の詰め替えを行っていたようです。

その作業工程は

試料チェック→1つ1つ袋に入れる→1つ1つヒートシールで口を閉じる→保冷バックに詰める

という大変な作業…。(1キャリーあたり100個以上ある…)

これが始まると、午前中で4キャリー程度しか進まない…と皆さん嘆いていました。

内容を聞いてから私も作業に加わり、大変さを痛感…(涙)

この作業は午前も午後も続き、精神的に追い込まれた私たちは

「魔法が使えたらいいのにな~。魔法使いになりたい…!!」と言い出す始末。

(理系が3人もいるのに…)

DSCN2699.jpg

(↑これはベーリング海で獲れたイシイルカの胎児)

でも、今日は袋詰めから解放されて作業もスムーズに進行するようになりました。

やっと進まなかったキャリーも150番に到達!

加えて、今週は悪臭を放つ「スナメリ」も登場。

すごい臭いだと聞いていましたが……言葉では表せない程強烈な匂いでした。

そんなわけで、最近の試料整理はこんな感じで進んでいます。

鯨類はまだまだ容赦なく続きますが、あと1ヶ月、楽しみつつ頑張ろうと思います!