新toriたま日記

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/ 本家はToriToriワールド(http://toritoriworld.tobiiro.jp/)

es-BANK試料整理:作業終了!

DSCN3339.jpg

23日をもって、es-BANKのアルバイトが終わりました。

最後はアザラシ等の試料を整理してフィニッシュ!

1月25日から始まったこのアルバイトも、

本当にあっという間だったなーと思います。

ほぼ毎日、朝9:00~16:00まで試料整理をさせていただきましたが

楽しい思い出しか出てきません。

DSCN1872.jpg

1月25日~2月8日までは、魚類の整理でした。(約400キャリー)

この魚を早く終わらせて、鳥に行きたいー!と毎日叫んでいた記憶が…。

そして、スケトウダラの恐怖…。

DSCN2240.jpg

2月8日~22日までは鳥類。(約350キャリー)

毎日が鳥天国でした♪

楽しい期間はあっという間にすぎていくものです…。

インドの鳥類、オーストラリアの鳥類に興奮したのを覚えています。

今度は生きている姿を観察したいです!

でも、カワウは恐怖だったなぁ…。(詰めるのが大変で)

鳥類は実際に近くで見る機会はなかなかないので、

本当に貴重な経験になりました。

DSCN2820.jpg

2月23日~3月15日までは鯨類。(約400キャリー)

鳥類も終わって、一時は不登校になるんじゃ…と疑われましたが

毎日しっかり働きました☆

ひたすらナイロン袋に詰める作業…

1つ1つ筋肉や脂皮を数える作業…

ここで、みんなの間に「絆」が生まれました。

あと試料に書かれている文字を読み上げたり、何度も目にしているうちに

kidney(腎臓)とかdiaphragm(隔膜)など

無駄に臓器や部位の英名を覚えてしまいました…(笑)

この知識が役立つ日が来るといいなぁ。

DSCN2977.jpg

3月19日~21日までの間は鰭脚類(100キャリー程度)。

アザラシやラッコ、オットセイの整理でした。

最後のほうになると、みんな作業が手馴れてきて

すらすらとよどみなく進み、あっという間でした。

ただ、最後の1日は一瞬だけワニのサンプルの袋詰めがあり、

ヒートシールマスターの方も苦しめられていたような…。

DSCN2979.jpg

↑時にはこんな風に、キャリーに試料が詰め込まれすぎていることもあったなぁ…。

冷凍庫から毎回、重い試料を出しては入れる…

という作業を繰り返していたOさん、お疲れ様でした。

DSCN2981.jpg

2か月間のシフト表も、ボロボロに…。

ある意味、体力勝負のアルバイトでしたが

毎日が本当に充実していて、いい経験がたくさんできました。

お世話になったes-BANKの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

2か月間、ありがとうございました!

もしよければ、これからも時々遊びに行かせて下さいね~。

(特に鳥の試料が入ってきた時に)

*********

es-BANK試料整理 過去の記録

1月25日 試料整理作業アルバイト開始!

2月9日  鳥類整理1:鳥開始!

2月10日 鳥類整理2:アカハラオオタカ!

2月17日 鳥類整理3:今週のes-BANK

2月18日 鳥類整理4:スケット参上!

2月21日 鳥類整理FINAL

3月2日  鯨類編

3月12日 鯨類編:中間報告!

3月22日 ハイタカ来ました。(番外編)

3月23日 es-BANK試料整理:作業終了!

*********