新toriたま日記

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/ 本家はToriToriワールド(http://toritoriworld.tobiiro.jp/)

墓場の薔薇

11月17日に創風社出版より泉原猛さんの「墓場の薔薇」、

「永き遠足」の作品集が二冊同時に発刊され、

「墓場の薔薇」の表紙カバーの絵と扉絵を担当させていただきました。

自然や鳥の生態に重ね合わせながら書かれた8つの短編小説集です。

IMG_2527.jpg

著者の泉原さんとは私が9歳の時に知り合い、

探鳥会などでずっとお世話になってきた方です。

こうして、本の表紙を担当させていただくことができ、とても光栄に思います。

依頼を受ける前、社会人になってから仕事中心の生活になり、

土日もほとんどなく、絵を真剣に描くことはできないんだろうなーと覚悟していました。

ですが、今回の仕事を繁忙期に受け、どうしても仕上げたい!!と寝るまを惜しんで

1年半ぶりに筆を執り、こうして完成させることができ自分でも驚きました。

時間がない…というのは言い訳に過ぎず、

熱意さえあれば、ちゃんと絵は描ける…そういう気持ちを取り戻すことができた気がします。

IMG_2525.jpg

私が鳥の世界にはまったきっかけの1つとして、

小学校2年生のときに薮内正幸さんの「野鳥の図鑑」を見て、

その図鑑の鳥たちの美しさに魅了されたことがあります。

(オーデュボンやジョングールドなどの絵も大好きです)

それ以来背景は白のままで、図鑑の挿絵のような絵を描くことが好きで、

絵画的な絵を描くのは今でも少し苦手です…。

なので今回の表紙を白バックでと依頼されたときは

思い通りの絵が描ける…!と嬉しい気持ちになりました。

扉絵は、別の短編集に出てくるエゾビタキのイメージで。

IMG_2514.jpg

アマゾンでも販売予定をしておりますので、

もしよければお手にとっていただけると幸いです。

タイトル・泉原猛作品集 墓場の薔薇

著者・泉原猛

発行・創風社出版

+++

12月に入り、繁忙期も少し終わって落ち着きました。

また年明けからは忙しくなってきますが…

まずは、年賀状しなきゃだ…

あ、コマドリの表紙も…

IMG_2556.jpg