新toriたま日記

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/ 本家はToriToriワールド(http://toritoriworld.tobiiro.jp/)

試料整理作業アルバイト開始!in es-BANK

DSCN1867.jpg

今日から、es-BANKで試料整理作業のアルバイトをすることになりました。

es-BANKには過去50年にわたって世界中から集められた

様々な生物試料が冷凍保管されているのですが、

その試料を停電などの万が一のトラブルから守るため、

保冷バックが導入されることとなりました。

DSCN1869.jpg

今回のアルバイトは、冷凍庫の外でコンテナの中に納められている試料を

保冷バックに移し替えると共に、試料とデータベースの照合作業をするお仕事です。

しかし、その試料はとんでもない数。(現在試料数は95607だとか…)

一つ一つをキャリーから出して、照合して、保冷バックに入れるという作業は結構時間がかかります。

でも、このアルバイトをしていると

魚類、哺乳類、鳥類など…貴重な死体たちに出会えるのです!

(特に鳥類は362種、25627個体もいるそうです。楽しみ~)

DSCN1873.jpg

まずは魚類の試料から開始。

初めはいろいろな種類や部位が入ったキャリーだったのですが、

途中から「スケトウダラ」のキャリーばかりが続き、

やっとスケトウダラが終わる…と思いきや

最後のキャリーで156匹のスケトウダラを数える…という試練が発生。

(1番から156番まで番号をふってあるので、それを探すのが大変っ!)

私は後半の3時間だけのお手伝いでしたが、

6時間かかって、今日は35キャリー分の整理が完了。

魚は400キャリーほどあるとかないとか…

魚類の次が鳥類らしいのですが、鳥に出会えるのはまだまだ先になりそうです。

ちなみにes-Bank内の試料はコチラから検索できます→コチラ

3月末までひとまずこのバイトをする事になっているので、

鳥類のコーナーにさしかかったら、また記事書きますね。