新toriたま日記

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/ 本家はToriToriワールド(http://toritoriworld.tobiiro.jp/)

実家

今治市河野美術館で18日〜21日に開催されていた

『愛媛二紀展』を見に行くために

土曜日の夜から実家に帰っていました。

aP1050490.jpg

中高の美術部でお世話になったY先生に会うのが目的です。

二紀展は11月の本展に向けての途中段階のものが飾られているのですが、

どの作品も100号クラスなので、非常に迫力があります。

私が行った時間帯は講評会が行われており、

沢山の人が集まってとても盛り上がっていました。

ご講評を聞いていると、ただ上手に描けばいいというものではなく

自分の感情や世界観を反映させる必要があり、絵画の世界は深いな〜と感じます。

先生とも短いながらもいろいろなお話をすることができたので、

今後の課題や今やるべきことが見えてきました。

展示会に行くことがメインだったので、

基本的に実家ではのんびりしていました。

実家の畑でスイカを収穫。

aP1050495.jpg

今年は13玉できたようで、

ほんとうに大きくて立派!!

松山に戻ってからは、研究室でもスイカ会しました♪

写真 2

ヨウはパワーアップして、よく喋るようになりました。

「メー、ダメよ!お母さんがプンプン!」

「ぽっぽっぽ〜はとぽっぽ〜」が今のトレンドみたいです。

unnamed_201407231733568e5.jpg

(↑私を足蹴にしているヨウ)

ヨウムはワンオーナー制なので、母によく懐き

ついに私を威嚇するようになりました。

…何度も噛まれて手が傷だらけに…ううっ。

モモは妙にフレンドリーで可愛いです。

aP1050519.jpg

その他、田舎らしいイベントも発生。

台所にニイニイセミが侵入してきて、

shinoさんパニックに…(shinoさんはセミが怖い)!

写真 1

でも、捕獲後は一緒に観察。

実家に帰ると、本当にいろんな「音」が聞こえてきます。

特に夕方庭でヒグラシの声を聞いて、癒されました。

+++

帰省1日前の金曜日には

ウチヤマセンニュウの調査に行ってきました。

さすがに7月になると蒸し暑くて結構大変です。。。

aP1050459.jpg

来週は重信川で一日中鳥の巣を探すバイトをしたり、

石鎚山の探鳥会に参加したり、

早朝から一日中、川辺に立ち続けるバイトをしたり、

日焼けで真っ黒になりそうです。

みなさんも熱中症にはお気をつけて☆