新toriたま日記

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/ 本家はToriToriワールド(http://toritoriworld.tobiiro.jp/)

スーパーサイエンスカフェえひめ 四国ってどんな島?

f:id:qsmet:20191117142737j:image

今日はスーパーサイエンスカフェえひめのため、久々に愛媛大学に足を運んでいます。主催はNPO法人森から続く道で、私も久々の参加です。

 

今回のテーマは大きく分けて3つ。


f:id:qsmet:20191117142747j:image

1、四国のツキノワグマ(安藤喬平先生、認定NPO法人四国自然史研究センター)

 

2、四国の日本カモシカ(金城芳典先生、認定NPO法人四国自然史研究センター)

 

3、四国の森に棲む小さな哺乳類(山本貴仁先生、NPO法人西条自然学校)


f:id:qsmet:20191117142744j:image

入り口にはツキノワグマの展示パネルもあり、展示物として長野県のツキノワグマの毛皮や足、骨格などもありました。


f:id:qsmet:20191117142734j:image

四国はツキノワグマの棲む世界で最も小さなしましたであり、生息数はごく僅かで、絶滅の危機がとても高くなっています。

 

個体数を100まで増やすことが現在の取り組みの一つであり、Save the Island Bear という取り組みも最近始まったようです。 

f:id:qsmet:20191117143759j:image

先生のスーツケースのステッカーが可愛い。

 

f:id:qsmet:20191117144102j:image

写真は自然保護協会より。

 

展示もかなり凄かったです。

f:id:qsmet:20191117151807j:image

f:id:qsmet:20191117151837j:image

四国のカモシカのお話も、哺乳類のお話もとても新鮮で、まだまだ知らないことがいっぱいだなと改めて感じました。久々に自然関係の勉強ができて、満たされた一日でした。f:id:qsmet:20191117142740j:image

 

次は12/14に四国生物多様性会議が松山で行われます!!環境省の方もいらっしゃって、四国4県の事例発表もありますので、とても楽しみです。