新toriたま日記

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/ 本家はToriToriワールド(http://toritoriworld.tobiiro.jp/)

小田深山 夏山ネイチャーキャンプ2014 5日目(最終日)

小田深山 夏山ネイチャーキャンプ2014 1日目はこちら

8月6日 最終日。

最終日も朝からザーザー雨が降っていました。

結局5日間ずっと雨でした…。

IMG_9069 (1024x683)

午前中はフィールドに出て

雨の中「木の芽(赤ちゃん)探し」を行い、

それをもとに、室内でこけ玉作り。

こけ玉作りってそういえばしたことないな〜と

思いながら子供たちの作業を見ました。

aP1130985.jpg

その後は千年の森のビオトープを見に行きます。

ここは4月にもM先生と一緒に来た場所です。

P1140040.jpg

雨もぱらぱら降っているので、

足元に気をつけて、少しだけ散策。

もう雨にもみんな慣れました♪

IMG_9118 (1024x683)

(photo by SOL-FA)

アカハライモリもたくさんいました。

aP1130642.jpg

お昼ごはんはカレー。

デザートはスイカ。

写真はサラダ。

IMG_9131 (1024x683)

(photo by SOL-FA)

午後からは、合宿の振り返り。

一人一人感想を言ったり、俳句を作って発表したり、

最後までみんなで楽しみました。

16時にはそれぞれが解散。

スタッフのみなさんに別れを告げ、

私はバスで内子駅まで子供たちと一緒に行きます。

道の駅せせらぎで分かれる子、

内子駅で分かれる子の2班に分かれているのですが、

バスの中でお家に帰りたくない!と泣き出す子もいて

ちょっとウルウル来ました。

aP1130640.jpg

私には兄弟がいないので、自分より年下の相手は本当に苦手で

サマーキャンプでちゃんと子供たちと触れ合えるか心配でしたが、

初日からみんなとても親しく接してくれて

あっという間に仲良くなることができたので、本当にいい経験になりました。

今回、大学生スタッフは私と大学院生の女性の方2人で、

私は小学生の男の子とプロレスをしたり、おんぶをしてあげたり、

身体を張って遊ぶことが多かった気がします(笑)

小学生の男の子が全力を出しても、私の力のほうがまだ強いので

5人でかかってきても、しっかり遊んであげられました。

むしろ、私が小学生みたいにキャーキャー騒いでいたと思います。

すみません笑

特に初日から「鳥の姉貴」というあだ名を付けてもらい、

あだ名で呼ばれるのは初めてだったので嬉しかったです。

aP1130641.jpg

子供たちの相手はかなり体力がいりますし、

だめなことはダメだと教えたり、一斉に話しかけられても

ちゃんと1人1人の話を聞いてあげないといけなかったり、

メンタルケアもしなくてはなりませんでしたが、

無邪気でいろんなことに興味を持って聞いてくれるので

本当にかわいらしく、私も学ぶことがたくさんありました。

この5日間は、この夏一番の思い出になったと思います。

P1140025.jpg

駅で子供たちと別れるとき、

子供たちは案外ケロっとしており、私のほうが泣きそうでした。

小中学生のみなさんにはぜひ参加してほしいキャンプです。

後半の部はしっかり晴れるといいなと思います♪

サマーキャンプの様子は

Sol-Fa でも公開しています☆

https://www.facebook.com/solfa.odamiyama/timeline

本家HPはこちら

http://www.sol-fa.com/

なお、後半の部(8月20日~24日)は8日まで募集中です。